吉田薬業の取り組み

HOME > 吉田薬業の取り組み > ジェネリック薬品推奨の取り組み

ジェネリック薬品推奨の取り組み

患者様の薬代負担の軽減のためにジェネリック医薬費を推奨

医療用の医薬品には、「新薬(先発医薬品)」と「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」の2種類があります。ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れたあとに販売される、新薬と同じ有効成分、同じ効果の価格の安い薬のこと。患者様にとっては医療費負担額を軽減できます。また、ジェネリック医薬品の普及は、国家予算のなかでも年々膨らみ続けている医療費削減の効果があると期待されています。患者様が自分の薬をジェネリック医薬品にするか新薬にするかは、薬局で薬剤師と相談をして選ぶことができます。

薬は医師の承諾のもと、薬剤師と相談しながら選べる時代に

ジェネリック医薬品は、厚生労働省が先発医薬品と同等と認めた安全な医薬品です。新薬の開発には莫大な費用がかかるため、発売から一定期間は開発した会社だけがその薬を製造・販売できますが、特許満了後は、ほかの会社も有効成分や効能が同じ医薬品を製造販売できるようになります。こうした医薬品は新薬に比べて開発費が大幅に削減できるため、低価格で販売できるのです。これがジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品は、患者さんのお薬代負担を軽減できます。特に継続して薬を服用する必要がある患者様は、医療費の軽減が家計にも影響するでしょう。また、少子高齢化が進む現在、国の医療費は年々増え続けており、将来的には医療財政面で厳しい状況が続くと予測されています。こうした状況下で、ジェネリック医薬品は国の医療費抑制にも役立つことから、当社でも積極的に使用を推奨し、在庫の確保に努めています。

近頃では、だいぶ「ジェネリック医薬品」という言葉が浸透し、お客様の理解も進んでいます。当社では、医師の承諾のもと、処方せんに記載された先発医薬品にジェネリック医薬品が発売されている場合は、患者様にジェネリック医薬品への変更の可否をお尋ねし、ご了承いただいたうえでジェネリック医薬品を調剤しています。なお、先発医薬品によっては、対応するジェネリック医薬品が存在していない場合もありますので、まずは一度、薬剤師にご相談ください。