湯本 匡寛

HOME > 薬剤師募集 > 先輩社員紹介(新卒採用薬剤師) > 湯本 匡寛

先輩薬剤師紹介(新卒採用)

社長の人柄と設備の充実、在宅医療に惹かれて入社を決意 2012年入社 ましま薬局 主任 湯本 匡寛

プロフィール

高山村出身。理系が得意だったこと、そして服薬をしていた祖母の後押しもあって、研究職をめざす4年制の薬学科ではなく、6年制の薬学科に入学して薬剤師をめざす。大学時代の実習先で在宅医療に取り組んでいる調剤薬局に興味を持ち、地元・長野の調剤薬局のなかでも設備が充実し、店舗数が多い吉田薬業に入社。同社においては6年制大学卒業の初の薬剤師として、社内の信頼も厚く、実習生に対してはアドバイスも求められる存在に。
来局された一人ひとりに丁寧に接することを心がけ、社内からも患者さんからも信頼されるように努めている。

私が吉田薬業を選んだ理由

大学時代の実習で調剤薬局に興味をもち、友だちの紹介で吉田薬業を見学したところ、機械化が進んでいる点や総合病院の処方せんを多く受ける薬局であること、在宅訪問に取り組んでいることなどに惹かれ、入社を決めました。特に実習先は紙のカルテだったため、大量の束の中から該当患者さんのカルテを探したり、薬の相互作用を調べることに苦労したので、全店舗に電子薬歴が導入されている点は魅力でした。
学生時代から興味のあった在宅訪問を経験し、在宅医療の必要性を痛感しました。在宅医療の強みは、患者さんが普段過ごす自宅に伺うことで、症状や服薬状況が詳しく分かったり、家族と同居の場合は、ご家族から話が聞けるという点。病院の診療の場合は必ずしも家族がつきっきりではありませんし、特に認知症がある場合はご本人に聞いても分からないことがあるので、在宅でご家族に話を聞くことができます。とはいえ、薬剤師の在宅訪問はなかなか進まないのが現状。それでも、ご家族が薬局まで薬を受け取りに来るのは大変なので、少しずつご家族と調整をつけながら在宅医療を進めていきたいと考えています。そんな中でも、私が希望して仕事をしているにも関わらず、在宅訪問に対して「家まで届けてくれてありがとう」とお礼を言われることは一番の喜びです。

学生の方へのメッセージ

当社はどの店舗の雰囲気も明るく、職員同士もほとんどが顔見知りであることが魅力ですが、何よりのセールスポイントは社長の人柄です。職員の要望をきちんと聞き入れてくれ、在宅医療に取り組みたいという私の思いも汲んでいただきました。また、社長は頻繁に各店舗に足を運び、声をかけてくれたり、顔を合わせる機会が多いのも特徴。上司や社長との距離感が近いので、やりたいことがあれば積極的に提案できる環境が整っています。

1日の仕事

休みの日は、愛車のスポーツカー、トヨタ・86で自由気ままにドライブをしています。時には遠出をすることも。ちなみに出勤時も愛車を使っています。

休日の過ごし方

先輩社員インタビュー

新卒採用

  • 湯本匡寛
  • 小池瑠璃
  • 丸山晴美

中途採用

  • 原 智
  • 平島順子