原 智

HOME > 薬剤師募集 > 先輩社員紹介(中途採用薬剤師) > 原 智

先輩社員紹介(中途採用薬剤師)

人間対人間のやりとりが調剤薬局で働く薬剤師の魅力 2014年入社 薬局長 原 智

プロフィール

長野市出身。大学病院の院内薬局、薬剤師会の会営薬局勤務を経て、吉田薬業に入社。スポーツファーマシストの認定資格を持つほか、ステロイド外用剤の作用の強弱や免疫学など皮膚科の領域についても勉強し、薬剤師会の勉強会には積極的に参加している。社内では、その経験と豊富な知識を生かした調剤や服薬指導を行うほか、薬剤の並べ方など、他店での勤務を通じてよいと思ったアイデアは積極的に提案し、新風を吹き込む存在に。また、BBQなどのイベント企画も担当。患者のなかには、一般薬購入の際も原さんに電話をしてくる方がいるなど、社内外で頼られている。

私が吉田薬業を選んだ理由

院内薬局と調剤薬局の大きな違いは、調剤薬局のほうが患者さまと多くふれあえる点。その分、患者さまとたくさんの話ができるので、処方箋と話の内容から患者さまの症状を推測し、薬剤師の職能を生かすことができます。また、当社はどの薬局よりも調剤の機械化を進めているので、薬剤師は監査・投薬という本来の業務に専念できますし、人為的ミスも軽減でき、より患者さまに安心していただけます。そして、職場内の雰囲気がよいのも当社の特徴。基本的に仕事中はみんな集中していますが、休日はイベントを開催するなど、楽しく過ごしています。
接客においては、病院で長く待たされてから当薬局にいらっしゃる患者さまも多いため、早く処方をしてほしい雰囲気の方には必要最低限のことを伝えています。しかし、大切なのは早さだけではありません。処方がひとつではない患者さまもいらっしゃるので、一人ひとりの症状に応じた対応を心がけています。なかには「医者にかかっているから、薬局では説明しなくても大丈夫」と感じている患者さまもいらっしゃいますが、複数の医師から重複した処方が来るため、薬局がチェック機能を果たしています。また、何気ないひと言から重複投与が見つかることもあるので、より丁寧なコミュニケーションを行う姿勢がある程度必要ではないでしょうか。そういう点も薬剤師のスキルだと感じています。

就職希望の方へのメッセージ

どんなにベテランの薬剤師でも、初めて配属になった店舗では、どこに何の薬剤があるかわからないものです。しかし機械化が進んでいる当社では、新人薬剤師でも忙しく働く周囲の薬剤師に聞くことなく動け、最初から薬剤師として職能を生かせるでしょう。また、系列店の機械は全て統一にシステム整備されているため、仮に異動しても使い方がわからないことはありません。また、院内薬局に比べて調剤薬局は夜勤がなくて拘束時間も短く、働きやすい環境です。

1日の仕事

休みの日は3人の子どもたちと公園に行ったりと、基本的に家族と過ごします。家庭と仕事の両立のポイントは、家庭に仕事を持ち帰らないこと。また、週に1回、医療関係者で結成するフットサルチームで汗を流し、月に1回は長野市のリーグ戦にも出場しています。

休日の過ごし方

先輩社員インタビュー

新卒採用

  • 湯本匡寛
  • 小池瑠璃
  • 丸山晴美

中途採用

  • 原 智
  • 平島順子